2008年度勉強会の案内

[CPS研究会]  

2008年9月に行われた勉強会の案内文です。 

Protein Research Communication に掲載されました。(リンク

CPS研究会 2008年度「タンパク質・ゲノム構造」勉強会のご案内

*CPS研究会は,「計算タンパク質科学研究会」の略称です.

 ゲノム塩基配列、タンパク質の立体構造、遺伝子発現データなどが数多く蓄積されてきました。この先に見えてくることは、これらのデータにもとづいた生命構築原理の理解です。細胞はタンパク質を主とする膨大な数の生体高分子によって構築されているので、物理学や化学、情報学に立脚した計算機を用いたタンパク質研究が大切になります。今までこのような学際領域の研究会は時々開催され、研究者が個人ベースで分野を推し進めてきましたが、そろそろ会合を継続的に開催し、お互いの研究内容をよりよく理解し、刺激・協力することによってゲノム・タンパク質データにもとづく生命原理理解に挑戦する時期ではないかと感じます。

 そこで、このたび有志によってCPS研究会(計算タンパク質科学研究会)を開催することに致しました。上記のような趣旨ですので、原則参加者は全員,全日宿泊し,ご自分の研究を発表していただきます。可能な限りゴードン会議のような雰囲気を出していきたいと考えています(昼も夜も討論、未発表データの口外禁止紳士協定など)。我こそはという方の参加を歓迎いたします。

日時:9月3日午後ー9月5日午前
場所:〒930-1459 富山県富山市亀谷1-10 白樺ハイツ
(http://www.city.toyama.toyama.jp/ohyama/shirakaba/)
参加予定者:ホームページ参照(http://web.comp-prot-sci.org/)
基本方針:原則全員全日程参加,全員プレゼン(デフォルトは15分(一部30
分)).質疑応答は原則エンドレスだが座長介入あり.徹底討論と徹底的な理解
を目指します.
登録:オープン参加ですが登録制で行います.費用は2泊3日で2万5千円ほ
ど.参加希望者および資金援助希望者は、8月10日までにオーガナイザまでご
連絡下さい.
登録・問い合わせ先:富山県立大学 磯貝泰弘(yisogai_at_pu-toyama.ac.jp)

2008年度オーガナイザ

磯貝泰弘(富県大),太田元規(名大),由良敬(お茶大)